日焼け、紫外線について

・日焼けとは?

紫外線を大量に浴びると、皮膚の炎症反応→メラニンの形成による色素沈着が起こります。

日焼けは夏の紫外線の強い時期だけではなく、スキーなどの冬のレジャーでも起こり、

肌のタイプにより反応は個人差があります。

タイプ①日焼けですぐに赤くなり、あまり黒くならない

タイプ②赤くもなり、黒くもなる

タイプ③あまり赤くならず、黒くなりやすい

 

紫外線には短波長紫外線(UVC)と中波長紫外線(UVB)、長波長紫外線(UVA)があり、

UVB、UVAにはしわ、しみ、肌荒れを起こす原因でもあります。

 

・紫外線防止化粧品(三スクリーン剤)の選び方

「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUVBを防ぐ効果指数のこと。

1~50までの数値は何も塗らない場合に比べて、炎症をどれくらい長い時間防止できるかを表しています。

 

「PA]とは、一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUVAを防ぐ効果を表す目安。

4段階の「+」マークで表し、数が増えるにつれ、UVAに対する防御効果が高いことを表します。

生活シーンに合わせてSPFとPAを選びましょう。

 

日焼け止めは塗りなおしにより、高い効果を発揮します。当院では、おすすめの日焼け止めも取り揃えておりますので、ぜひご相談ください。

参考文献

Q&Aで学ぶ美容皮膚科ハンドブック 編集 古川 福美

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2019年9月30日 月曜日