赤ら顔とは?

赤ら顔
赤ら顔とは、顔の毛細血管が拡張し血管が表面まで透けて見える状態です。
緊張や興奮した時に頬の赤身が協調されることがありますが、平常時でもの赤みが取れない場合は毛細血管拡張症を疑います。
京都で赤ら顔治療をご希望の方は、当院までお気軽にご相談ください。

赤ら顔の原因

赤ら顔の原因となる主な皮膚の病気は湿疹・かぶれ・アトピー性皮膚炎・花粉皮膚炎・しゅさ・脂漏性皮膚炎・ステロイドによる副作用・膠原病などがあります。
皮膚表面が荒れている場合はもちろんまずは保険診療による治療が必要です。
その他に自律神経やホルモンバランスのみだれ、精神的緊張などによっておこる「ほてり」による皮膚表面が荒れていない赤ら顔もあります。
これらは治療が難しいです。自由診療に関して効果がある治療法としては血管の拡張が主な問題となる場合です。

当院でできる治療方法

セレックVによる治療

光治療機器02光治療機器01
当院ではIPL光治療機器のセレックVを用いて赤ら顔に治療を行っています。
セレックVは赤ら顔の原因となる毛細血管に熱を与えることで毛細血管の収縮を促します。肌の表面に血管が透けて見えずらくすることで赤ら顔を目立たなく改善することができます。
ダウンタイムも無く、お仕事をされている方・初めて赤ら顔治療を希望される方にもお勧めの治療方法です。

保険診療(酒さ)の場合

保険診療(酒さ)
確立された治療はなく、悪化因子を防ぐことが重要となります。
悪化因子とは血管の不安定性さなどの遺伝的要因もありますが寒冷、温熱、寒暖差、乾燥、運動、日光暴露、飲酒、香辛料などの刺激物摂取、毛包虫などがいわれています。
慢性炎症性疾患なので保険診療ではニキビに準じた治療を行います。抗生剤の内服は効果がありますが慢性の病気ですのでお勧めしにくく、悪化因子を防ぎながらアゼライン酸(当院保険外で1800円程度)などで予防することをおすすめします。

赤ら顔治療の流れ

ご予約・受付

ご予約・受付

お電話・WEB予約にてご都合の良い日時をお伝えください。直接ご来院いただき申し込みも可能です。
予約当日は、受付に美容診察の予約をした旨をお伝えいただき、問診表をお受け取りください。

洗顔

洗顔

正確にシミの診断を行う為、際診察の前にメイクや汚れ、皮脂をしっかりと落としていただきます。そのため予約時間の10分前にはご来院ください。

診察

診察

施術前に、担当する医師がお肌の状態を診て、施術範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。治療内容・アフターケアの方法・治療費・治療スケジュールなどの詳細を決めていきます。

施術

施術

(全顔で約10~30分)
お肌を保護するジェルを塗り、IPLを照射します。ジェルはお肌との密着を高め、熱伝導を助けます。
照射中は光から目を守るため、専用のゴーグルなどを着用いただきます。

アフターフォロー

アフターフォロー

施術後、ジェルを拭き取って終了です。施術後は少し熱感が残りますが、お化粧をしてすぐにご帰宅いただけます。洗顔・入浴は当日から可能ですが、お肌をこすらないようにご注意ください。

治療料金

セレックV(税抜)

部位 トライアル 1回 5回
両頬 19,000円 85,000円
全顔 10,000円 25,000円 95,000円

よくあるご質問

タップすると開きます

保険は適応されますか?  

セレックVは自由診療となります。
各種保険はご利用いただけません。
酒さと診断された場合の飲み薬等は、保険が適応となります。

今までステロイドとビタミンで治療していたのですが、飲み続けた方が良いですか?  

酒さという診断でステロイドとビタミン剤を長期に服用して改善しない場合は、毛細血管拡張症の可能性があります。その場合、ステロイドやビタミン剤は不要です。一度診察にお越しください。

何回施術を受ければ良いですか?  

1回でも効果がでる方もいらっしゃいますが、複数回受けることで血管が収縮するため、おおむね5回程度の治療をお勧め致します。

ご予約・お問い合せ

インターネットからのご予約
お電話でのお問い合わせ