夏こそ保湿を

気温も湿度も高く、汗で肌がベタつきやすい季節となりました。普段使う美容液やクリームなどはサッパリしたものを選びたくなります。しかし、この季節はあえてやや濃厚な保湿アイテムをお使いいただくことをお勧めします。ベタつきそうに思いますが、肌がきちんとうるおうので、逆に化粧の仕上がりも良く、キメも整い、日中の紫外線ダメージやエアコンによる乾燥にも対応できる肌を作ることができます。

この時季、知らず知らずのうちに蓄積する夏の乾燥をケアするためにも、肌にしっかり栄養やうるおいを与えることがとても大切になってきます。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2019年7月11日 木曜日