唇の日焼けについて

 

  顔や体には日焼け止めを塗っても、唇には忘れがちではありませんか?
  唇は皮膚と粘膜の移行部分であり、防御機能が弱く、日焼けをすると、乾燥、皮むけ、赤く腫れるなどの症状が出ることがあります。また、日焼けによる炎症を長年繰り返すと、色素沈着を起こす可能性もあります。
  このような症状を予防するために、日焼け止め効果のあるリップクリームをこまめに塗りましょう。唇が腫れたり、痛みがある場合は、まず冷やしてから保湿をしましょう。心配なときは、早めの皮膚科を受診をオススメします。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2019年6月4日 火曜日