夏の肌トラブル それは 汗

今年は例年になく暑い夏となっていますね 汗は、水と塩化ナトリウムや微量の尿素などで構成されています。
大量に汗をかくと、表皮がふやけて、汗の出口がふさがれるため、小さな水ぶくれができることがあります。 それが、あせも です。 汗をかいたら、清潔なタオルで こまめに、こすらずに拭き取るのが肌のためにも大切です。 汗により 肌が敏感状態に傾いてしまった場合は、スキンケアを敏感肌用に替えるのもひとつの手です。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2018年8月18日 土曜日