ジェネリック医薬品について

先発品とは最初に開発されたオリジナルの薬品でジェネリックとは特許が切れた薬を後発品医薬メーカーが主成分をコピーした薬品。主成分が同じだから効果も同等といわれています。医療費の削減のため積極的に使用を勧められています。外用薬は特に基材が重要であり吸収・保護作用の点から同等でないことも多いといわれています。

治療方法

ジェネリック医薬品

院長アドバイス

CMなどでもさかんに医療費削減のためにジェネリックを進めています。
確かに安くなります。国策ですが安いものには理由があります。

同等の商品が安くなる理由は消費期限が近い、在庫処分、型遅れ、安い材料を使うなどですね。ではなぜジェネリックは安いのでしょうか?理由はコピー商品なので開発にお金がかかっていない。先発品と同じ実験や申請が必要ではないからです。基材(主成分以外の練り物)はもちろん違います。同じものが安いわけではありません。口から入れるものは食べ物と同じで大切です。効果は同等かわからないけど安い方がよいという方にお勧めです。安くていいものもあります。当クリニックではできるだけ患者さんの自由を尊重しておりますので特殊な薬剤を除いてジェネリックを選択できるようにしています。京都 京都駅前 さの皮フ科クリニック 皮膚科・アレルギー科

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科クリニック 院長