帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹は水ぼうそうのウイルスが原因です。

子供の頃にほぼすべての人がかかったことがあります。

水ぼうそうになったらウイルスは消えてなくなるのではなく背骨などの神経の集まりにひっそり

と共存しているのです。それがなんらかの拍子(免疫が弱った時)に増えて発症します。

神経に沿って増えていくので帯状に水疱ができるので帯状疱疹といわれます。

一生の間に通常30%の人がかかります。

治療方法

抗ウイルス薬を7日間服用しますが発症5日以内に内服しないと 効果が少ないといわれています。腎機能に影響を与える薬なのでこまめに採血をした方がよいです。

院長アドバイス

本人の免疫力次第なので虫に刺された程度から激痛の上にぐったりして食事も取れない人まで様々です。弱った免疫状態ですので休養が必要です。水疱も7日程度でかさぶたになってくるので7日程度はゆっくり休養するように勧めています。痛みを抑える治療をしっかりした方が帯状疱疹後神経痛になりにくくなるといわれています。痛みがひどい間は2,3日に1回再診をした方がよいです。内服薬で押さえていきますが温めると楽になることが多いです。ホットタオルで温めたり、お風呂もゆっくり入るといいでしょう。水疱の痕は数か月はしっかり残りますが年々目立たなくなりますので日にち薬です。保護するような保湿剤を外用したほうがきれいに治りやすいです。 京都 京都駅前 さの皮フ科クリニック 皮膚科・アレルギー科

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科クリニック 院長