白癬(はくせん)・水虫・たむし

治療方法

皮膚の白癬は抗真菌剤を1日1回入浴後に両足に1ヶ月塗れば理論上治ります。 爪にうつると大変治りにくく、昔は副作用の目立つ内服薬しかありませんでした。現在内服と同等に効果がある外用薬(クレナフィン®) があります。もちろん当クリニックでも処方できます。

院長アドバイス

水虫はカビの一種です。
どこにでもいます。誰でも感染の可能性はあります。

不特定多数の人がいるところにいったら6~24時間以内に
石鹸で優しく手洗いし、よく拭き取れば感染しにくくなります。
それができない状況ならティッシュでふき取るだけでも効果的です。

2年たてば半数の人が水虫を繰り返します。
週に1回外用するだけでも予防できる人もいます。

かぶれる人、刺激で炎症起こす人などもおり
初回再診は7日以内が望ましいでしょう。
その後は月に1,2回の受診程度でよいでしょう。


もう水虫にはなりたくないと思われる方は外用を継続するといいでしょう。 京都 京都駅前 さの皮フ科クリニック 皮膚科・アレルギー科

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科クリニック 院長