夏の肌荒れ

冬のイメージが強い『肌の乾燥』ですが、実は夏の肌も常に乾燥と隣り合わせです。気温も湿度も高い夏は、一見肌が潤っているように感じがちですが、強い紫外線、冷房による冷えや寒暖差によるストレス、汗をたくさんかくことによるうるおい成分の流出…といった理由により、夏も乾燥しやすい季節なのです。

また暑くてベタつくから乳液やクリームは使わないというように、きちんと保湿をしないことも乾燥肌を助長させる原因になってしまいます。さらに気づかずに乾燥を放置していると、肌荒れを引き起こす原因になってしまうかもしれないので注意して下さい!!

肌が乾燥すると、皮膚が生まれ変わるターンオーバーに一時的な不調が起き、未熟な角層細胞が作られていきます。未熟な角層細胞は、保湿機能やバリア機能が十分ではないので、肌の乾燥がますます進んでしまうという悪循環に陥るのです。乾燥した肌は刺激に弱いため、ゴワつき、赤み、かゆみ、ニキビといったさまざまな肌荒れやカサつきの要因になってしまいます。肌荒れがなかなか治らない…という方は、夏に向けて乾燥にも注意してみて下さい。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2019年5月15日 水曜日