第二の皮膚

令和になり、新しい時代の始まりを感じるこの頃です。

先日、テレビで見た映像に驚きました。ファンデーション様の液体を✊手の甲に、上から10㎝程の距離から細い霧状に噴霧すること20秒…あっという間に、きれいに覆ったかと思ったら、なんとまるで皮膚のような薄い膜が出来ていたのです。

“ファインファイバー”と呼ばれる技術で、某化粧品会社が開発したのですが、昨年末に発表され、今年には商品化されるとの事

今までの、粉や液状のファンデーションとは違い、皮膚の表面の問題やファンデーション等で隠す事の出来なかったシミやアザなど、どれだけ多方面で使用されていくのか!

新しい第二の皮膚は、これからどのような形で世の中に出て、私達と関わっていくのか 興味深々です。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2019年5月3日 金曜日