冬の肌ケア

寒い日が続いていますね。寒いと肌も乾燥したりしやすくなります。スキンケアがたりないと乾燥が続いたり、多すぎるとニキビができたり肌が荒れたりします。 自分の使っているクリームなどの量が適正か、確認してみましょう。 ①朝起きたら両手で顔に触れてみてください。 夜の洗顔後、いつも通りに化粧水や乳液、クリームなどを塗って就寝し、翌朝、起きてすぐの肌に、両方の手のひらで触れてみてください。 (2)両手についた脂を確認しましょう。 手のひらにどのくらい脂がつくかで、保湿のしすぎか否かを判断できる。部位によっても異なるので、肌全体をチェックしてください。
→ 目に見えるくらい脂がつく… クリーム過剰 手のひらがベタッとするようなら、油分を与えすぎているサインです。ニキビができたり、毛穴が目立つ原因になったりしやすくなります。 → 見えるほどの脂はつかない… クリーム過剰ではない 肌にしっとりとした感触があるならベストです。 手のひらがカサカサするようなら、逆に保湿が足りないサインなので量を増やしてOKです。 毎日の肌と向き合って、乾燥の季節を乗りきりたいですね。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2019年2月13日 水曜日