冬至

12月22日は冬至。1年で最も日が短く昔から太陽が生まれ変わると考えられてきました。冬至にはカボチャを食べたりやゆず湯に入ったりはよく耳にしますが、京都では「ん」のつく物を食べて「運がつく」と、また「ん」が二つつく物を7種類食べてより運気を上げると縁起を担がれる方もいらっしゃるようです。ナンキン・ニンジン・レンコン・ギンナン・キンカン・カンテン・うどん(京都弁でおんどんやうんどんといいます)の7種類。他にも「ん」のつく物を子供さんと探してみませんか?

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2018年12月20日 木曜日