山極 勝三郎という人

最近のテレビのCMで、「万が一にも癌になったら…いいえ、病気の原因の二人に一人は、癌といわれるこの時代… なかなか ハッとさせられる言葉ですが、最近のノーベル賞受賞で話題のオプジーボ など 治療はどんどん進化しています。 約100年前に、ウサギの耳にコールタールを塗り、乾いてははがしてまた塗るという地道な研究で、癌発生のメカニズムを発見したのが、山極勝三郎先生です。 正常な細胞でも 刺激を受け続けると癌になる、日常生活の中で、日々 沢山のストレスや、刺激を受けていますね。 日頃から 気分転換をはかり、定期的に体のチェックをしていくこと 基本的なことですが、心がけていきたいです。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科スタッフ

2018年10月26日 金曜日