治療方法

ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルナトリウム)外用液 30cc(3300円税抜) ビタミンCの効果効能はたくさんありますが外用薬に関してまとめてみます。 6大作用①メラニンを薄くする作用②メラニン合成を阻害する作用③抗酸化作用(活性酸素を除去)④毛穴引き締め作用⑤皮脂分泌抑制作用⑥コラーゲン合成を促す作用 4大効果①シミ改善効果:メラニン合成を抑制し、しみを防ぎます。また、できてしまったメラニンを薄くします。②くすみ改善効果:メラニン合成を抑制するとともに、できてしまったメラニンを薄くすることで肌のくすみを改善します。さらに肌のターンオーバーを促すことで、肌につや、透明感を与えます。③ニキビ改善効果:皮脂分泌抑制・抗酸化作用によりにきびを改善します。また、真皮のコラーゲン合成を促進することでニキビ痕を改善します。④しわ・たるみ改善効果:真皮のコラーゲン合成を促進するとともに、抗酸化作用によってコラーゲン分解を抑制し、しわ・たるみを改善します。 当院のビタミンCローションは、この安定性が高いビタミンC誘導体(リン酸アスコルビンナトリウム)を高配合したものです。また院内製剤として直前に配合いたしますので新鮮です。また皮膚に吸収される最大の濃度を保っています。そのため析出することもありますが振ってからご使用ください。常温では3カ月以内にお使いください。さらに効果を高めたい場合は当クリニックではイオン導入をおすすめしております。20~40倍吸収率が高まります。また併せてシミに有効なトラネキサム酸も同時に施術することが可能です。

院長アドバイス

ビタミンCには様々な効果が報告されています。上記以外にも表皮バリア形成、細胞外マトリックス分解抑制、紫外線障害防御などもありあす。不安定なために肌に入る前に大半が分解するといわれています。ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビンナトリウム)は安定性が高く、肌に吸収されやすい性質があり、吸収された後はビタミンCとして有効に作用するように工夫されたものです。特にニキビ患者さんにはニキビができにくくなるうえに傷跡にも効果があるのでお勧めします。美容のために使用したい人にとって肝斑、雀卵斑(そばかす)、炎症後色素沈着、日光性黒子、後天性真皮メラノーシスに効果があるといわれています。

さの皮フ科クリニック|京都|さの皮フ科クリニック 院長